「お知らせ」安野希世乃さんが水月雨(MOONDROP) 2024年アンバサダー就任

2023-12-05
logo-01


中国・成都に本社を置くオーディオメーカー水月雨(MOONDROP)より、声優・歌手として幅広く活躍をされている安野希世乃さんのアンバサダー就任をお知らせいたします。 任期は 2023 年 12 月 5 日 〜 2024 年 12 月 31 日 です。






安野希世乃さん水月雨・2024年アンバサダー就任インタビュー



──2024年「水月雨」アンバサダー就任おめでとうございます。依頼を受けたとき、どう思いましたか?



安野  2次元のイメージキャラクターがいて、その子の声を担当するのではなく、安野希世乃自身にアンバサダーの役目を任せてくださったことにびっくりしましたし、ありがたいお話だなと思いました。普段は声優・歌手としてお芝居や歌をお届けする仕事をしていてアンバサダーは初挑戦ですが、水月雨さんの製品の魅力を伝えていけるよう、がんばっていきたいです。 



──水月雨の社長が安野さんのファンだったことが、アンバサダー就任につながったそうですね。



安野  私がヒロインを演じたアニメがお好きだと、うかがっています。中国で暮らしている方が日本のアニメを愛してくださり、海を越えてお仕事を依頼してくださったのは嬉しいですね。新しい出会いに感謝しています。



──今日は最初のお仕事として、イメージカットのフォトセッションがありました。水月雨のヘッドホンやイヤホンを身につけての撮影はいかがでしたか?



安野  どの製品も見た目がきれいで、一緒に写真を撮っていただくのは楽しかったです。そもそも「水月雨」というブランド名がおしゃれじゃないですか。月が出ているのにしとしとと雨も降っていて、波紋ができてゆらゆらと揺れている水面に、月が映り込んでいて……。そんな静かで美しい風景が思い浮かぶお名前です。



──澄んだ音が聞こえるイメージが、ブランド名からしてありますよね。



安野  清らかな情景をイメージしながら、しっとりと音楽を楽しむ……。ロマンチックですよね。一つ一つの製品名も天体などから取られていて、素敵なんです。しかも日本人の心にも深く刺さるワードが選ばれていて、嬉しくなりました。



──名前に誘われて手に取ってみて最初に感じるのは、やはりデザイン性の良さです。これは、オーディオに詳しくないユーザーにもストレートに伝わる、水月雨の大きな魅力だと思います。



安野  そうですね。今回、体験させていただいた機種で言うと、星をモチーフにした「Starfield 2」はシャープなイメージで、男性にも女性にも合うなと思いました。落ち着いた青のハウジングに惑星の軌道のような模様が刻印されていて、どことなく高貴さを感じました。そして、7周年記念イヤホンの「雪月花」はシルバーのキャビティに7粒のダイヤモンドが散りばめられているそうで…。エレガントで、どちらも私の乙女心に刺さっちゃいました(笑)。






──音を体験して、感じたことは何ですか?



安野  2ndシングル「晴れ模様」のCDを、まずは「Starfield 2」で聴かせていただいたんですけど、音がキラキラしていて耳がとろけそうでした(笑)。普段、聴いている音に潤いと透明感がプラスされて、水槽の中で聴いているような気持ちにさせられるんです。「晴れ模様」はアコースティックの生音の良さが引き立つように作られていて、音のすっぴん感を楽しめる曲だと思うんですけど、そういう曲だからこそ、水月雨さんのイヤホンで聴くと魅力が増して聴こえて…ハッキリと違いが分かりました。



──「音のすっぴん感」というのは、素敵な表現ですね。



安野  すっぴんだけど、うるうるな潤いベールをまとっているような感じなんです(笑)。楽曲のマスタリング作業のときにスタジオの最高の環境で曲を聴かせていただくことがあるんですが、そこで聴く音そのものというか、エンジニアさんが意図して作り込んだ音が、何も引かれないままイヤホンで再生されている感がありました。



──「雪月花」で聴いた「晴れ模様」はいかがでしたか?



安野  すごかったです!(笑) 「Starfield 2」で聴いたキラキラの音に、さらに立体感というか奥行きが出ていました。「Starfield 2」が、曲を構成しているすべての音が新鮮な状態で並べられ、それぞれの素材の溶け合い感が美味しいワンプレート料理だとしたら、「雪月花」はそのお料理を二段重ね、三段重ねにしたみたいな感じです(笑)。 



──音をお料理のプレートにたとえるのは、面白いです。



安野  どちらもキラキラうるうるした音で、それが水月雨さんの特性なんだろうなと感じました。レコーディングしているとき、エンジニアさんに「ボーカルの聞こえ方、どうですか。もっとこうしてほしいとか、ありますか?」と聞かれることがあるんです。そんな時、私はだいたい「もう少し、声をうるうるさせていただいていいですか」とお願いしているんですね。水月雨さんのイヤホンを通して自分の曲を聴くと、私がほしかったうるうる成分はこれなんだなあと、改めて思ったんです。自分にとって好みの音を聴かせてくれるブランドさんなんだということが、よくわかりました。



──聴く音楽のジャンルを選ばないイヤホンだと思いますが、安野さんのような優しい女性ボーカルには、さらにうってつけかもしれませんね。



安野  私もそう思います。高音がきれいなのはもちろん、高めのミドルの部分もふくよかに聞こえてきて。エコー感やリバーブ感を人工的に出すみたいなことは一切なく、自然かつ繊細に音の厚みを増してくれているんです。「この曲の本当の姿はこうなんだ。エンジニアさんはこういうふうに作ろうとしていたんだ」という楽曲本来の魅力が、いつでも手元にあるイヤホンで味わえるって、すごいことですよね。



──水月雨のアンバサダーになったことで、安野さんの普段のリスニングにも変化が起こりそうですね。



安野  そうですね。物事にハマることを「沼に浸かる」という言い方をしますけど、これから、水月雨さんのきれいな水の中に足を浸していきたいなと思います(笑)。 



──今回をきっかけに、水月雨とのコラボイヤホンを出す企画が挙がるかもしれませんね。



安野  コラボイヤホンですか? もし出せることになったら、素敵ですね。本当に嬉しいです。水月雨さんは、音に関しては今まで聴いてきたイヤホンの中でトップレベルに好みの音だったので、私から追加でお願いすることはないと思います。うるうるの歌声を聴けるコラボイヤホンを出せるのなら、「私、なんでもします!」という気持ちです(笑)。



──あははは(笑)。ベタ惚れですね。イヤホンのフォルムや配色については要望があるのではないでしょうか?



安野  水月雨さんの水も月も雨もブルーを連想させる言葉じゃないですか。私も水色が大好きなので、こだわらせていただけるのなら、水飴のようにきれいで透明感のある淡い水色のイヤホンを作りたいですね。思わず口にふくんでしまいたくなるくらい、美味しそうなビジュアルにしたいです。



──今おっしゃった安野さんの好みは、水月雨のブランドイメージとぴったり重なるような気がします。



安野  水月雨さんの音作りに、私の好みのルックスがぴったり寄り添えるようになったら、感動です。「水月雨の音の世界にようこそ」というコピーが似合うコラボイヤホンを、いつか一緒に作ってみたいです。



──実現すれば、安野さんのファンの方々に水月雨のイヤホンのよさが届く、いい機会になると思います。



安野  今日私が感動したように、みなさまにも水月雨さんのイヤホンに触れて、その良さを感じていただけたら幸いですね。



──アンバサダーの就任期間は1年間ということで、他にもいろいろな展開がありそうです。改めて、抱負をお聞かせください。



安野  2024年は辰年じゃないですか。水月雨さんにとって龍が天に登っていくような大躍進の年になるよう、アンバサダーとして尽力していきます。伺ったお話だと、水月雨さんの製品は中国国内では大人気で、入手困難になることも多いそうなんです。そんな素晴らしいイヤホンを日本のみなさまにもゲットしていただくために、たくさん作って送ってくださいと、私からもお願いしていこうと思います(笑)。



──安野さんご自身にとっての2024年は、どんな年になりそうですか?



安野  声優・歌手としての活動を引き続き、がんばっていきます。嬉しい発表も控えておりますので、楽しみにしていてください。水月雨さんとの新たな出会いを大切にして、私も水のように柔軟な心を持って、いろいろなお仕事を全力で楽しんでいきたいと思います。




安野希世乃

PROFILE

プロフィール

声優・歌手


主な代表作は「冴えない彼女の育てかた」加藤恵をはじめ、「スター☆トゥインクルプリ キュア」天宮えれな/キュアソレイユ、「アイドルマスターシンデレラガールズ」木村夏樹、 「アークナイツ」ホシグマ、「魔法科高校の劣等生」桜井水波役など多数のアニメ作品に出演。 2016 年に TV アニメ『マクロス Δ』のカナメ・バッカニア役に選ばれ、戦術音楽ユニット・ ワルキューレのリーダーとして活動をスタートし、ユニットとしては「 ワルキューレ FINAL LIVE TOUR 2023 〜Last Mission〜」で約8年に渡る音楽活動に一旦区切りをつける。 そして、2017 年には TV アニメ『異世界食堂』ED テーマ「ちいさなひとつぶ」を含む 1st ミニアルバム「涙。」にて歌手としてのソロデビューも果たす。その後も数々のシングル ・アルバムをリリースしている。




水月雨(MOONDROP)について


水月雨は中国の若いHiFiブランドで、2015年に設立されました。

設立当初から自社で設計と研究開発を行い、現在は体系的なフルチェーンの独立開発能力、一流のハードウェア設備、アイディアが豊富なソフトウェアとハードウェアの研究開発チーム、ユニークな音響研究開発チームで構成されています。

独自のイヤホン・ヘッドホン製造工場といくつかの支社研究開発ラボを有し、カスタマーの声を聴きながらも市場にないワクワクするような新商品を制作できるよう取り組んでおります。



写真, 冷蔵庫, 異なる, 座る が含まれている画像

自動的に生成された説明