RS10



マスタリングエンジニアが聞いたサウンドを再現
Softears独自のカスタマイズBAドライバーの開発によって実現したカナル型イヤホン

5ウェイクロスオーバー

理想的な周波数・位相・インピーダンスを達成するために、SoftearsはHi-Endスピーカーのクロスオーバーに匹敵する5ウェイクロスオーバーを設計しました。 このクロスオーバーは、2バンドパス、1ローパス、さらには4次LCフィルターを備えており、インピーダンスと周波数特性を正確に調整します。これにより、RS10は、周波数全体でほぼ完全な位相・インピーダンスの一貫性を実現しました。 スタジオモニターの下での人間の耳の聴覚とほぼ完全に一致します。
RS10のクロスオーバーは非常に複雑ですが、Softearsのエンジニアは、プレーヤーがRS10を駆動する難しさとコンポーネント間の干渉を最小限に抑えるために、15のコンポーネントで構成される2つのモジュールに設計を簡素化しました。

10BAドライバーユニット

RS10は、10基のBAドライバーユニットを備えており、深みのある低音、自然なサウンド、繊細なボーカル、リラックスした心地よい高音を備えた、鮮やかなディテールと卓越したサウンドの明瞭さを備えたリファレンスレベルのスタジオサウンドをユーザーに提供します。

Softearsのパッシブユニット

10基のBAドライバーのほか、RS10にはSoftearsのパッシブユニットを搭載しています。このパッシブユニットは音を出しませんが、空気圧を緩和し、摩耗圧力を低減し、低音の品質を向上させ、聴覚疲労を軽減し、聴力を保護することもできます。

人間工学に基づいた透明な筐体

Softears RS10は透明な筐体を備えております。ドライバーユニットの正確で整然とした配置により、Softearsの優れた職人技とブランドのこだわりを感じられます。筐体の形は人間工学に基づいたデザインで、長時間使用しても疲れを感じることなく、快適でしっかりとしたフィット感をユーザーに提供します。

高品質のケーブル

ケーブルには、特別に開発した6N Litz 24AWG単結晶銅同軸ケーブルを採用しています。マイナス極に4N Litz 銀メッキ無酸素銅を採用し、遮断層として使われます。このケーブルはインダクタンスが非常に低い特性を持っています。

【仕様】

タイプ
耳掛け式・カナル型 リケーブル可能
ドライバーユニット
BAドライバー x 10
低域:BA×4
高域:BA×2
全域:BA×4
再生周波数帯域
20~40,000Hz
感度
100dB
インピーダンス
25Ω
ケーブル
Litz 6N-OCC 24AWG
ケーブル長
1.25m
ケーブルコネクタ
2Pin(0.78mm)
入力プラグ
金メッキ3.5mmステレオミニ