RSV



現代の音楽に必要な雰囲気とダイナミクスを考慮しながら、リファレンスレベルのオリジナルサウンドを追求したカナル型イヤホン

現在のBAフラッグシップモデルRS10に基づいて、私たちは製品設計について再考しました。 新しいドライバー構成と新しく設計されたクロスオーバーアーキテクチャにより、8Ωの超低インピーダンスと125dB/Vrmsの高感度をもたらします。5BAドライバーのRSVはスマートフォンで音楽を聴いても満足できるパフォーマンスを得ることができます。 RSVは、現代の音楽に必要な雰囲気とダイナミクスを考慮しながら、リファレンスレベルのオリジナルサウンドを追求しています。

RSVの設計コンセプトは、効果的なアーキテクチャを採用して、シンプルなドライバー構成でイヤホンのBAドライバーの効率を高めることです。 これにより、RSVは、優秀な周波数帯域、すばらしい位相と豊かなディテールを再現することもできます。

RSVは、音響フィルターとクロスオーバーを利用して、驚異的なパフォーマンスを実現しました。 信号を5つのドライバーに適切に分割するため、低域用の3次LRCフィルター、中域用のインピーダンス+ローパス、高域用のフィルムコンデンサ、合計6つのコンポーネントで構成されています。 精密な3Dプリントを利用して、RSVの最先端の音響フィルターを製造し、音響ダンパーと組み合わせて、サウンドボアの直径と長さを0.1mmの精度で調整し、理想的なチューニングを実現しました。

周波数はクロスオーバーとチューニングにおけるRSVの卓越性を証明することができます。Hi-EndスピーカーのHRTF(頭部伝達関数)と残響を測定することによって得られた低音の質感は、RSVのチューニングの基本的なフレームワークになります。このTarget Responseチューニングによって、RSVは雰囲気あふれる自然なサウンドを提供します。

イヤホンの卓越性は、そのサウンドだけではありません。RSVは、熟練した技術者によって手作りされたフェースプレートがあります。フェースプレートの素材にサテンカーボンファイバーフラグメントと金箔の組み合わせを採用しています。この手作りのプロセスにより、RSVは単なるイヤホンではなく芸術品のようになります。

【仕様】

タイプ
耳掛け式・カナル型 リケーブル可能
ドライバーユニット
BAドライバー x 5
低域:BA×2
高域:BA×2
全域:BA×1
再生周波数帯域
5~40,000Hz
感度
125dB
インピーダンス
筐体素材
医療レベル樹脂
ケーブル長
1.25m
ケーブルコネクタ
2Pin(0.78mm)
入力プラグ
金メッキ3.5mmステレオミニ