EA1000

3 年の歳月をかけ て開発したハイグレード振動板 3 種類の交換可能な音響ノズル設計

「EA1000」に採用されている SDPGDTM紫金振動板は、SIMGOTがフラッグシップダイナミック・シリーズ用に 3 年の歳月をかけて開発した振動板技術です。
(正式名称は SDPGDTMベースフィルム多層スパッタリング紫金振動板。 振動板全体が神秘的なパープルゴールド色であることから、紫金振動板と名付けました)従来のチタンメッキ、ベリリウムメッキなどの振動板加工と異なり、紫金振動板は数百回の実験を経て定式化された特殊なベースフィルムに、層数を厳密に制御した透明な特殊ターゲット材料を真空高温スパッタリングするものです。振動板のコーティングには、細分化された何十ものフィルム層があり、神秘的な紫金色は、厳密な層数制御のもと、ベースフィルムとメッキ層からの反射光の干渉原理によって表現されています。
コーティング層が少なかったり多すぎたりすると、振動板の色が変わってしまうだけでなく、音のゴールデンポイントも失われてしまいます。コーティング層数が目標値より少ないと、高域のピークが不足し、華やかさや空気感が弱くなり、コーティング層数が目標値を超えると、バランスが微妙に失い、音の聴きやすさが失います。リスニングのゴールデンポイントを追求するためには、スパッタリング環境、ターゲット材料の品質、スパッタリング時間、振動板の色など、全ての工程を厳密に管理する必要があります。


第 2 世代 DMDCTM 内外デュアル磁気回路デュアルチャンバー・ダイナミックドライバー

第 2 世代 DMDCTM デュアル磁気回路・デュアルチャンバーは、「EA2000」のフラッグシップ・テクノロジーにより磁気回路構造や、容積比などを改良して生まれました。
通常のダイナミックイヤホンでは内磁式か外磁式の単一磁気回路が搭載されますが、「EA1000」では内磁式と外磁式両方を搭載しています。強力で効果的な磁束は、大幅にダイナミックレンジと過渡レスポンスを向上させるだけでなく、広い応答範囲をもたらします。
前世代と比較して、「EA1000」は高域の制御も強化されたので、素晴らしいダイナミクスと臨場感だけでなく、華やかで滑らかな、空気感と伸びのある高域特性をもたらします。


1DD+1PR 特許取得済み音響アーキテクチャ

「EA1000」は、低域の質感や音の雰囲気を微調整するために、「EA2000」で採用された 1DD+1PR のアーキテクチャーを継承し、10mm のフルレンジダイナミックドライバーと、軽量な複合振動板を採用した 6mm のパッシブドライバーを搭載しています。1T の強力な磁気駆動で紫金振動板が振動する際に、リアチャンバーからの気流と音によってパッシブ振動板が振動・反射します。 低音の質感を微調整し、低域の自然な質感を高めます。


3 種類の交換可能な音響ノズル設計

ネジ式で脱着可能な音響ノズル設計で、3 種類のチューニングを用意しています。1 種類は真鍮製、2 種類はステンレス鋼製です。3 種類のチューニングクロスとチューニング方法もすべて異なります。
簡単にノズルを付け替えることでチューニングスタイルを変更し、製品好みの音質に調整が可能です。


入念なチューニングにより、完成度の高い 3 種類のサウンドを提供

SIMGOT の長年の製品開発経験とチューニング経験、そしてユーザーの嗜好、製品へのフィードバック、人気音楽の特徴とカーブ特性から、「SIMGOT-Golden 2023」が生み出されました。SIMGOT のチューニングはテクノロジーとトレンドを意識した時代に合わせたチューニングになっております。各ターゲットカーブにはそれぞれ異なる音の特徴があり、その選択はユーザーに委ねます。 それぞれのチューニングは、単なる数字の集合体ではなく、完成度が高い自信を持ったチューニングとなっています。

・ポップ (銀色ノズル・赤色リング)
H-2019 ターゲットカーブにピッタリ合うチューニングは、適応性が高いポップ向けチューニングです。定位と音場の還元が精確で、穏やかで豊かなサウンドを実現しています。また、高域の歯音が抑えられ、様々な音楽ジャンルに適応します。音を正確に再現でき、「万能」なチューニングとも言えます。

・クラシック (金色真鍮ノズル・クリアリング)
SIMGOT-Golden 2023 ターゲットカーブは、SIMGOT の長年の製品開発経験とチューニング経験に合わせて、ユーザーの嗜好や流行の傾向を深く理解した上で融合された新しいターゲットカーブです。
バランスを保つことを基本に、解像度は完全に解放され、ボーカルはよりエモーショナルに息づかいが感じられ、高域の空気感も充実しています。 生演奏、クラシックなどのジャンルをより良く再生します。

・インストュルメンタル (銀色ノズル・黒色リング)
楽器音や女性ボーカル向けのチューニングです。正確な定位と明確な結像を確保した上、楽器サウンドをより美しく鳴らし、音の分離感を向上させ、女性ボーカルをきれいに鳴らします。


精密で複雑なチューニング・システム

小さなボディには、精密で複雑な多層チューニング・システムが搭載されています。一部はチューニングクロス、パッシブ振動板の形で存在し、一部は構造の特性、容積の特性などの形で存在します。
ノズル、フロントチャンバー、サイドホールからドライバーのセカンドチャンバーに至るまで、多層チューニングクロスが精密にコントロールされ、様々な手段が巧みに融合されています。


フラッグシップ HiFi の音響性能

「EA1000」には、最先端の有限要素シミュレーション技術を採用し、振動板の形状やパターン数、マグネットの素材やサイズ、スピーカーやシェルのキャビティ仕様、チューニングクロスの空気透過量など、多くのパラメータに対して、音響性能と設計効率を最適化しています。 シミュレーションと複数回の実験デバッグを組み合わせ、効率的な開発プロセスを経て、HiFi フラッグシップ・イヤホンに匹敵する音響ソリューションの数々が誕生しました。 その最高峰である「EA1000」は、広いダイナミックレンジと優れた帯域特性を持ち、ふくよかでまろやかな中低域と繊細で滑らかな高域をもたらします。


高透明度ガラスとミラーメタルの融合

高密度合金メタルと精密な CNC 加工技術を採用し、多工程を経て頑丈で耐圧性に優れたオールメタル筐体を実現します。チャンバー内面に独特で微妙な凹凸つけることで定常波を抑え、ピュアなサウンドボトムを実現します。透明度の高いガラスフェイスプレートとミラーメッキが互いを引き立て合い、芸術品のような細やかな光沢と気品が浮かび上がります。


リッツ構造・銀メッキ高純度無酸素銅ケーブル

EA1000 は、0.78mm 2Pin の銀メッキ高純度無酸素銅ケーブルを付属しています。リッツ構造と大口径多本数を組み合わせることで、忠実度の高い信号伝送を実現し、音の分離と解像度を深めます。音がクリアで、ボーカルや楽器のリアルな質感を再現します。
透明 PVC 被覆は軽量、柔軟、耐摩耗で長持ちします。安定性と信頼性の高い 2Pin コネクタを採用することで耐久性に優れ、ケーブルをアップグレードする可能性をもたらします。


ゲームや映画鑑賞などオールラウンドに大活躍

多くの HiFi イヤホンは、それ自体がハイレベルなゲーミングイヤホンとして機能することがコンセンサスとなっており、「EA1000」のトリプルターゲットカーブは、繊細で忠実な音の再現性をもたらします。
特に、赤リングポップチューニングでは、H-2019 カーブの特性に合っているので、正確な音場の位置とクリアな結象を実現しています。ゲーム内の正確な位置関係が分かりやすく、足音などもはっきりと聞き取れます。遮音性も高いので映画鑑賞にも適しています。


快適で安定した装着感

コンパクトなキャビティは、大量の 3D データからサンプリングされ高いフィット感をもたらします。耳掛け式の軽量ボディは、快適で安定した装着感を実現し、タッチノイズを効果的に低減します。


主な仕様
ドライバー
1DD(ダイナミック)+1PR(パッシブラジエーター)
第ニ世代 DMDC™ デュアル磁気回路・デュアルチャンバーダイナミックドライバー
振動板素材
SDPGD™ ベースフィルム
多層スパッタリング紫金振動板
周波数帯域
10Hz-50kHz
感度
127dB/Vrms(@1kHz)
インピーダンス
16Ω±15%(@1kHz)
ケーブル
リッツ構造銀メッキ高純度無酸素銅
コネクタ
0.78mm 2Pin
ea1000
耳机主图1
耳机主图2
耳机与音管
线材特写
戴耳机